【画像内おまかせ1鉢】 インテリアプランツ 多肉植物+スクウェア鉢 ヤシの実繊維植え  | Bouffier(ブフィエ)

1/4

【画像内おまかせ1鉢】 インテリアプランツ 多肉植物+スクウェア鉢 ヤシの実繊維植え 

¥1,200 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

インテリアプランツ
1辺約6センチ程の穴の開いていない陶器鉢に多肉植物を植えています。


Bouffierインテリアプランツとは。その育て方

もっともっと気軽に植物と接するアイテムになってほしい。まるでインテリアとして植物と楽しんでほしい。そんな想いから、鉢底に穴の開いていない器に植えています。

通常ですと、排水ができなく根腐れ等を起こしてしまいますが、Bouffierのインテリアプランツではヤシの実の繊維で植え込んでいます。ヤシの実の繊維で植え込むことにおいて、弾力にがあがり、吸水性、保水性、排水性の3つの要素に優れ、空気を含むことにおいて、根腐れも防止できることにおいて、穴の開いていない器に植えることが可能となります。

穴の開いていない器に植え込むことにおいて、以下のメリットが考えられます。
1。室内では穴からでる排水による部屋の汚れが防止でき、キレイに楽しむことが可能です。
2, 水やり頻度の軽減も期待できます。


多肉植物の場合の栽培目安

置き場所
明るい室内等

水やり
表面のヤシの実繊維が乾いたら、小さなジョウロなどで水を与えて、余分な水をキッチンシンクなどで流していただきます。その際に植物とヤシの実繊維を軽く押さえていただくといいでしょう。
頻度は、気温の低い冬は成長率が低いので乾かし気味で、月一回あるかないか。気温の高い夏は蒸発量も高くなるので、少し頻度をあげて、月2回程度の目安です。ただ、頻度はあくまで目安で温度湿度条件、植物の特性やご機嫌で変わってきます。植物と会話をしていただき、乾いたのを確認して水をやるのが一番いいでしょう。

肥料
成長期の春や秋は液体肥料を与えていただくといいでしょう。
その植物の肥料のやり方、液体肥料のやり方に準じます。
ただし、排水しないため、量は少なくていいでしょう。
肥料分が多すぎると、根っこが水を吸い上げなくなるときがあります。
施肥も植物を観察して対話してやっていただくのがいいでしょう。

植物と楽しんでください。

No happy,No plant.
Bouffier 
http://bouffier.jp

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,200 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品